正しいラシックスの使い方!超簡単むくみ取り方法

むくみ取りの薬

女性には特に気になる悩みでもあるむくみ。
朝起きて鏡を見ると顔がはれていたり、仕事が終わりに近づくにつれて、履いているヒールや靴が窮屈になったり、ズボンやスカートがきつくなってりして、むくみに困っている経験はあるかと思います。
むくみと肥満の大きな違いは、症状がでるまでの過程にあります。
むくみは体内に余分な水分が溜まりすぎてしまっているために起こるもので、肥満は体内の脂肪が増えることです。
区別する方法は簡単で誰でもすぐに確認することができます。
気になる場所を指で強く押してみてください。
指を離したときにへこんだままであれば、それはむくみです。
肥満である場合は、へこむことはありません。
肥満と違いむくみの場合は、ほんの数日で体重が10キロ近く増えることもあり、極端な体重増加がみられるのも特徴です。
むくみは摂取した水分量に比べて、排泄する尿の量が少なくなり、夕方に近づくにつれて足や顔がむくんでしまいます。
またむくみを放置することによって、太りやすい体質に変わっていきます。
代謝が悪くなってしまい、摂取した食べ物などがエネルギーに変わりにくくなってしまい、体内に残ってしまったものは蓄積され脂肪に変わってしまいます。
むくみの対策としてラシックスというクスリがあります。
ラシックスとは強力な利尿剤であり、むくみ取りや血圧を下げる効果があります。
腎臓に作用し、尿が作られる量が増え、体内に溜まった余分な水分を排泄してくれ、それによりむくみ取りができ、血圧の低下につながります。
飲みすぎてしまった次の日や、生理前の特有のむくみにも効果的です。
副作用は少なく、安全に服用することができますが、クスリが効きすぎると脱水症状を起こしてしまったり、強いめまいや脱力感を感じてしまう場合もありますので、注意してください。
服用方法は1日1錠となっており、就寝前などに服用するとトイレで目が覚めてしまうことがあるので、いつでもトイレに行けるような時に服用するようにしてください。

▲ PAGE TOP